カジュアルと手入れをしていないは無関係ですよ!

日頃から、印象が良くなるようにファッションにも気を使っているという男性は多いと思います。

しかし、自分では気づかないうちに、悪印象を与えてしまっている可能性もあります。

では、悪印象を与えてしまう着こなしとはどういったスタイルのなのか、ご紹介しましょう。

好印象を与えるスタイルの基本は「清潔感」ということは、ご存知の方も多いと思います。

実は、悪印象を与えてしまうのはこの逆のパターン。

たとえば、スーツを着ている時などに、着ているシャツがしわくちゃだったら清潔感は感じられませんよね。

スーツだったとしても、シワが寄っていれば清潔感は感じなくなってしまいます。

どんなにパリっと整ったスーツを着ていても、靴が汚れていたら台無しです。「オシャレは足元から」と言いますからね。

特に、スーツは仕事場で着るものですから、取引先の人などとも接することになりますので、こういった悪印象を与えてしまうというのは、仕事にも支障を来してしまう可能性があります。

「この人、着る物がちゃんと手入れされていないけれど、仕事を任せても大丈夫だろうか?」と不安になってしまう人もいるからです。

また、プライベートでも着ているシャツなどがくちゃくちゃであれば、やはり清潔感を感じることはなくなります。

「カジュアルスタイルだから良いだろう」と思われる人もいると思いますが、「カジュアル」と「手入れをしない」というのは全く関係がありませんからね。

このように、洋服により悪印象を与えてしまうこともあります。

気をつけているつもりでも、気づかぬうちに悪印象を与えてしまっている可能性もありますから、一度自分の洋服などを見直すと良いですよ。自分の当たり前が他の人にとって当たり前ではないことって意外と多いですから。